呑兵衛たちが集まる

熱燗 

大将とお酒

気分や肴に合わせて選ぶ楽しさ、また最高のお気に入りを見つける楽しさ。そんなワクワクできるような時間を奏嵐で過ごして頂くために、幅広いラインナップをご用意してお待ちしております。

奏嵐は日本酒を存分に楽しんで頂けるように、様々なタイプの日本酒をご用意致しております。
日本酒は、本当に奥深く、米や水、季節や造りや温度により様々な表情を見せてくれます。

刺身

  • 奏嵐が目利きする酒とは
  • 日本酒のいろいろ
  • 日本酒×お料理
  • 一人飲み
  • 日本酒メニュー

奏嵐が目利きする酒とは

日本全国の銘酒を吟味して選り抜きました。名高い定番から限定生産の希少なお酒まで幅広く取り揃えております。定期的に入れ替えをし、メニューにはないとっておきのお酒もございます。是非お店でお尋ねください。

奏嵐では、お値段のする日本酒を、“吟醸グラス呑み”という少し小ぶりな酒器で1/3ほどの価格で味わえるメニューがあります。これは店主が「おいしい日本酒を是非いろいろと味わって頂きたい」という気持ちではじめました。もっとたくさんの日本酒に出逢ってみたい方は是非お試しください。
※指定品のみのご提供となります。

日本酒選びがもっと楽しくなる

酒造好適米

日本酒選びのポイントとして米選びは欠かせません。
香り味ともに秀逸な山田錦、淡麗辛口な五百万石、切れ味の中にも優しさを感じる美山錦、旨味と切れ味を兼ね備えた出羽燦々、芳醇で力強い雄町…まだまだ沢山の品種がありますが、あなたのお気に入りを探すにあたり、欠かせないポイントになるはずです。
軟水か硬水か、また水がもつ特性により、その酒質や、米との化学反応は大きく変わるのも大事なポイントと言えますね。

精米歩合

水滴イメージ

酒造りに使う米を何%削ったかを表しています。例えば精米歩合60%なら、40%削っているということになります。この削った割合が上がるほど、雑味がなくクリアで甘味があり、綺麗な酒に仕上がります。あまり削っていない酒は力強い芳醇な仕上がりになる傾向にあります。しかしながら昨今は技術が上がり、あまり削らなくても、とても綺麗な酒が造られている事実もあり、一概には言えないところがまたおもしろいところですね。

純米、本醸造

良く耳にする純米酒とは文字通り米と水だけで造られたお酒です。純米、特別純米、純米吟醸、純米大吟醸などがあります。透明感のある艶やかな味わいが特長。また醸造アルコールが添加されたものを、本醸造、吟醸、大吟醸など呼びます。添加されているアルコールにより辛みが増し、ピリッとする印象が増す傾向にあります。

造りについて

速醸
酒母を造る時に乳酸菌を加え短期間で発酵させることにより、
安定感があり、スッキリ淡麗に仕上がる傾向にあります。
生もと
速醸とは相反し乳酸菌を加えず、米と水で時間をかけけゆっくり自然に発酵させます。
従って味わいがあり日本酒本来の力強い味をダイレクトに感じられる傾向にあります。
山廃
基本的には生もとと同じ自然発酵ですが、櫂という棒のようなもので米をすり潰す山卸という作業を廃止したものを山廃(山卸廃止→山廃)とよびます。ただ単に生もとの引き算というわけではなく、力強い酵母により発酵されているので、パンチが効いた幅のある味わいに仕上がる傾向にあります。

搾り方

ヤブタ
機械により短時間に均一に搾られます。酸化が少ないと言われており、
最もポピュラーな方法です。
槽(ふね)しぼり
基本的に人力により丁寧にしぼります。酒へのダメージ、ストレスが少なく本来の味が楽しめます。
雫しぼり
布のふくろに入れて吊るし、圧をかけずにポタポタとゆっくり滴り落としたものを集めたものです。
時間はかかりますが、澄みきった綺麗な酒質になります。

四季のお楽しみ

しぼりたて
その名の通り、冬にできた新酒をしぼったまま瓶詰め・出荷するものです。フレッシュで心地よい酸や炭酸のプチプチ感を楽しめます。
にごり酒
春頃よく見られるにごり酒。
荒く絞ることにより澱を残したままにするのがにごり酒です。澱とは、そう。お米そのものなのです。とろっと優しくまろやかな味わい深い仕上がりの傾向にあります。
夏酒
夏酒には正式な定義はないとされていますが、酸が効いてキリッとしたもの、パンチが効いてドライなもの、加水量を増やしサラサラに仕上げたものなど、発泡系、など日本酒の低迷期と言われる夏に酒蔵さんが様々なアイデアを提案してくれています。
ひやおろし(秋あがり)
寒い時期に造られたお酒を一度火入れし、
春夏を冷暗所にて熟成させ、飲み頃を迎えたものを、
2回目の火入れをすることなくそのまま出荷されたものを
言います。ひやおろしは飲み方を選ばないものが多く、
冷酒、常温、ぬる燗、熱燗、なにをやっても美味しく頂けると
されていて、いわば日本酒の醍醐味とも言える存在です。

日本酒の温度

日本酒は温度が下がると酸や香りが抑えられ、上がると甘さやアルコール感が強くなる、と言ったように様々な表情に変わります。一般的には大吟醸などの華やかなお酒は冷やしてシャープに、純米や本醸造などは燗で、となりますが、これも一般論であり、酒質により変わります。世界的にみてもこれだけさまざまな温度で楽しめる酒も珍しいですね。

燗銅壺を使いお燗に

燗銅壺を使いお燗に

奏嵐では、燗銅壺(かんどうこ)を使ってじっくりと温度を計りながら温めるので、まろやかでふくらみのある味わいをご堪能いただけます。

お酒

酒器

飲み方に合わせて豊富にご用意しております。

津軽びいどろ

青森の自然を感じさせる
美しい硝子の色彩。
職人たちによって作られた
美しい器で呑む冷やは、
格別の味わい。

枡

ヒノキなどを原材料とした一合枡に
入れられたグラスで。
まず、グラスを口に付けて直接呑む。
グラスを呑みほしたら枡の酒を
注ぐのが一般的です。

お猪口

口をすぼめて陶器の器に
くちびるを触れて、
日本酒の芳醇な香りを愉しみながら
味わえるお猪口。
ちょこっとずつ呑むのが
お猪口の愉しみ。

日本酒×お料理

寿司

純米酒

純米酒「神亀」

本日のおまかせ

奏嵐にご来店いただいたからには味わっていただきたいのが日本酒とお刺身の組み合わせ。その日一番のお魚を使った鮮度抜群のお刺身に合わせたお酒をご用意します。

※日本酒はその時期によりメニューが変更になる為、上記がご用意出来ない場合もございますので予めご了承ください。

今のオススメ

純米大吟醸

飛騨牛ザブトンの

お肉と日本酒の組み合わせも◎。脂分や味付けに合わせた相性の良いお酒選びもおまかせください。お肉のうまみと日本酒の香りをお楽しみください。

※日本酒はその時期によりメニューが変更になる為、上記がご用意出来ない場合もございますので予めご了承ください。

お酒

今のオススメ

特別限定純米酒

タコの唐揚

奏嵐のメニューはお酒に良く合うものばかり。定番のものから季節ものまで様々な種類をご用意しております。お酒に合わせてお料理を、お料理に合わせてお酒を、あなただけの美味しい組み合わせを見つけてください。

※日本酒はその時期によりメニューが変更になる為、上記がご用意出来ない場合もございますので予めご了承ください。

日本酒

今のオススメ

  • 接待
  • 宴会

ふらっと「一人飲み」

一人飲みしたい夜は、ゆっくりとカウンターに座ってお酒とお料理をお愉しみください。お酒について聞きたいことや、お料理との組み合わせなどございましたらいつでもお気軽に声をかけてくださいませ。

大将とお客さん

一人呑み最適!

お刺身小鉢

酒

今のオススメ

銘酒を呑み比べてみたい、そんな呑兵衛のみなさまに
利き酒オススメセットをご用意いたしました。

利き酒オススメセット
1,060円(税別)
純米吟醸
伯楽星
(はくらくせい)
宮城県
新澤醸造店
無農薬純米 火入れ
七本鎗無有
(しちほうやり むう)
滋賀県
冨田酒造
別囲い純米吟醸 生
大信州
(だいしんしゅう)
長野県
大信州酒造
辛口セット
1,160円(税別)
純米55 磨き五割五分
(ぼん)
福井県
加藤吉兵商店
純米吟醸 大辛口
東洋美人
(とうようびじん)
山口県
澄川酒造
山廃中汲 生原酒
神亀
(しんかめ)
埼玉県
神亀酒造
東海三県セット
1,560円(税別)
純米澱がらみ7号酵母
竹雀
(たけすずめ)
岐阜県
大塚酒造
純米大吟醸 山田錦
醸し人九平次
(かもしびとくへいじ)
愛知県
萬乗醸造
純米大吟醸
作・槐山一滴水
(ざく)・(かいざんいってきすい)
三重県
清水清三郎商店
フルーティセット
1,530円(税別)
純米吟醸 生原酒
姿・Black Impact
(すがた)・(ブラックインパクト)
栃木県
飯沼銘醸
純米吟醸 山田錦
開運
(かいうん)
静岡県
土井酒造場
純米大吟醸 三割九分
獺祭
(だっさい)
山口県
旭酒造
プレミアムセット
2,750円(税別)
純米大吟醸
梵・日本の翼
(ぼん)・(にほんのつばさ)
福井県
加藤吉兵商店
大吟醸
醴泉・蘭奢待
(れいせん)・(らんじゃたい)
岐阜県
玉泉堂酒造
大吟醸雫生原酒
七本鎗・斗瓶取り
(しちほんやり)・(とびんとり)
滋賀県
冨田酒造

グラス

色々あります

up